【2020年限定商品】PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ
【2020年限定商品】PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ
【2020年限定商品】PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ
【2020年限定商品】PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ
【2020年限定商品】PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ
【2020年限定商品】PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ
【2020年限定商品】PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ
ROGOBA

【2020年限定商品】PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ

通常価格 ¥141,900 ¥0 単価 あたり
税込

ルイスポールセンの2020年限定の『PH 2/1 琥珀色ガラステーブルランプ』。エレガントでクラシックなデザインと琥珀色のガラスシェードが組み合わさり、上品でクラシックなたたずまいが魅力です。

ポール・へニングセンは、1927年、新しく発明した3枚シェードシステムに基づき、眩しさのない“グレア・フリー”の光を放つテーブルランプを設計しました。シェードから放たれる光はテーブル面を最も明るく照らすと同時に、程よく部屋の上方も照らしだしました。それから間もなくして、へニングセンは、特徴的な“ゴースルースイッチ”(写真4)を備えた真鍮製のPH 2/1 テーブルを設計し、それは後に着色ガラスを使用するという考え方の元になりました。

※ 3枚シェードシステム(写真5)
1926年、ポール・ヘニングセンが開発。対数螺旋構造を用いてシェードの曲線から均一に配光されるようになり、よりシェードの曲面全体にわたってなだらかな配光を得ることに成功しました。シェード内面が反射する拡散光と合わさって、グレア(眩しさ)と影のコントロールを可能にしました。

3層の琥珀色吹きガラスから放たれる光は、あらゆる環境に合った温かみと個性を持ち合わせ、空間を際立たせます。ポール・ヘニングセンがそもそも彼のデザインに着色ガラスを取り入れ始めた理由は、純粋に実用性を高めるためでした。誕生から100年近くたった今も、実用的であることには変わりはありません。ヘニングセンが確立した琥珀色のガラスシェードの風合いと彼が手掛けた傑作(照明)への影響は、絶えず人々を魅了し続けています。シェードに使用される琥珀色の吹きガラスは、それぞれに風合いが異なるハンドメイドならではの美しさがあり、1つひとつが芸術作品のようです(写真6)。あたたかくひとを迎え入れるような雰囲気と親密感が空間のなかに生まれます。

支柱に使用されている無塗装の真鍮表面は、時間の流れとともにひとつひとつが異なる美しい古味をおびていきます。このPH 2/1琥珀色ガラステーブルランプの支柱上部には、へニングセンのイニシャル「PH」がシェードに隠れるようにひっそりと刻印されています。


♡ ♡ ♡ ♡ ♡

デザイナー『ポール・ヘニングセン』について(写真7)
ルイスポールセン社とのコラボレーションは1925年に始まり、1967年に亡くなるまで続きました。ルイスポールセン社は、今日もへニングセンの天才の恩恵を受けています。ポール・へニングセンがパイオニアとして切り開いてきた照明分野の業績—影と光、グレア、光による色の再現、そしてそれら光の特性を人間の福利に結びつくように利用することは、いまもルイスポールセン社が実践するライティング・セオリーの基礎となっています。光をかたちづくる、というルイスポールセン社のデザインは、1926年にポール・ヘニングセンが完成させた3枚シェードシステムのPHランプが持つ、デザインと光の二重性に遡ることができます。光と影、フォルムと機能、モダンとクラシック。光と製品のクオリティーの高さは、クラフツマンシップと新しいテクノロジーの両立で保たれます。

メーカー『ルイスポールセン』について
Design to Shape Light—光をかたちづくるデザイン
ルイスポールセンは長年にわたり、単にランプをデザインするだけではなく、屋内そして屋外で人々が心地よいと感じる雰囲気を生みだす光をかたちづくってきました。機能美を備えたルイスポールセンの製品は、どんなスタイルの空間とも調和を保ち、魅力的で優しい光を発します。

1874年に創業したデンマークの照明器具メーカー、ルイスポールセンは、デザインと光の両方を追求した製品を作り続けています。デザインのすべてのディテールが役割を持っており、すべてのデザインは光に始まり、光に終わります。ルイスポールセンは、住宅、建築、ランドスケープのための、屋内と屋外両方の照明ソリューションを世界中で提供しています。光をかたちづくるという哲学のもと、ポール・ヘニングセンをはじめ、アーネ・ヤコブセン、ヴァーナー・パントン、佐藤オオキ、ルイーズ・キャンベルといった、才気あふれるアーキテクトやデザイナーと密接なパートナーシップを組み、デザインと機能美を備えた照明器具を数多くリリースしてきました。ルイスポールセンは世界の照明のトップ・ブランドとして、コペンハーゲン(本社)、ストックホルム、マイアミ、オスロ、ロサンゼルス、東京、デュッセルドルフにショールームを置き、グローバルな事業を行っています。


この商品をシェアする