オールドキリム トルコ・アドゥヤマン 214×165㎝ (No.20329)
オールドキリム トルコ・アドゥヤマン 214×165㎝ (No.20329)
オールドキリム トルコ・アドゥヤマン 214×165㎝ (No.20329)
オールドキリム トルコ・アドゥヤマン 214×165㎝ (No.20329)
オールドキリム トルコ・アドゥヤマン 214×165㎝ (No.20329)
オールドキリム トルコ・アドゥヤマン 214×165㎝ (No.20329)
オールドキリム トルコ・アドゥヤマン 214×165㎝ (No.20329)
ROGOBA Kilim

オールドキリム トルコ・アドゥヤマン 214×165㎝ (No.20329)

通常価格 ¥440,000 ¥0 単価 あたり
税込

トルコのオールドキリム。

このキリムは、トルコ中南部、南東アナトリア地方のアドゥヤマンあたりで生活していたクルド人によって織られた“クルディッシュキリム(Kurdish Kilim)”です。
この地には多くの古代遺跡があり、中でもコンマゲネ王国のアンティオコス1世の像が並ぶ『ネムルト・ダウ遺跡』が有名で、この地が人類史の中で重要な歴史舞台であったことを物語っています。

特にこのキリムには、近隣のマラティヤやガズィアンテプ地域のキリムに似た“クルディッシュキリム(Kurdish Kilim)”ならではの特徴(文様、色合い、ふさの結び方etc.)が備わっています。

染めていないウールで織り上げたシンプルな茶色のストライプ部分と色染めした文様部分とのバランスは秀逸で、特にストライプ部分にアドリブで入れられた刺繍文様は、このキリムに格別な華やかさを添えています。中でも化学染料で染めたオレンジ色は、草木染めが常識であった当時のこの織り手にとっては特にお気に入りであったようで、最も重要な願いの箇所に使われています。
また、両サイドに織り込まれた安全を願う“ハンド”の文様は、このキリム全体の印象を引き締めています。

このキリムは、織りがとても丁寧で、一つ一つの文様も形がよく、非常に美しい欠損のない完品キリムです。

サイズ的には、リビングのソファーなどと合わせてお使いいただくか、床に置く絵としてお使いください。空間に上品な華やかさを演出してくれます。

※ 写真でコーディネート使用している椅子は、デンマーク[フレデリシア社]製の名作椅子で、スパニッシュチェア(Børge Mogensen / 1958)です。
撮影場所:ロゴバ東京


この商品をシェアする